購入したマイホームが欠陥住宅かも? 弁護士に相談すべき?

購入したマイホームが欠陥住宅かも? 弁護士に相談すべき?

弁護士JP編集部 弁護士JP編集部

せっかく購入したマイホームが欠陥住宅だったら大変なショックを受けることでしょう。欠陥住宅の補修や損害賠償といった責任追及は、売主や施工業者に対して行っていくことになりますが、欠陥住宅被害を受けた施主の方が個人で対応するのは難しいケースも少なくありません。そのような場合には、専門家である弁護士に早めに相談することをおすすめします。

今回は、購入したマイホームが欠陥住宅であった場合の対応を弁護士に依頼するメリットについて解説します。

1. マイホームが欠陥住宅かも? 主なケースは?

あなたのマイホームも欠陥住宅かもしれません。以下では、欠陥住宅の主なケースについて紹介します。

(1)雨漏りがする

雨漏りというと老朽化した住宅をイメージするかもしれませんが、新築住宅でも施工不良が原因で雨漏りが生じることがあります。特に、木造住宅の場合には、サイディングのつなぎ目部分にあるシーリングの施工不良や防水シートの施工不良によって雨漏りが生じるケースがあります。

(2)ひび割れ

住宅では、基礎、壁、天井などでひび割れが生じることがあります。ひび割れが生じたとしてもすべてが建物の安全性に関するものではありませんので、直ちに欠陥住宅とはいえません。しかし、外壁や基礎にひび割れが生じているケースでは、地盤沈下や構造材の施工不良が原因であることもありますので、欠陥住宅に該当する可能性もあります。

(3)建物が傾斜している

建物の傾斜が地震や老朽化以外で生じている場合には、建物の施工不良や土地の地盤沈下などが原因として挙げられます。これらが原因であった場合には、欠陥住宅である可能性が高いでしょう。

2. 欠陥住宅の責任追及についての注意点は?

欠陥住宅に関しては、契約不適合責任を売主や施工業者に対して追求できる可能性があります。

もっとも、売主や施工業者の責任を追及する場合には、以下の点に注意が必要です。

(1)除斥期間という期間制限がある

欠陥住宅の責任(契約不適合責任)を追及する際には、除斥期間という期間制限がある点に注意が必要です。除斥期間とは、権利行使の期間制限をいい、この期間が経過すると当然に権利が消滅することになります。時効とは異なり、完成猶予や更新といった期間の進行を阻止する制度がないのが特徴です。

欠陥住宅の責任追及の除斥期間は、契約不適合があることを知ったときから1年(民法566条)とされていますので、この期間内に売主または施工業者に通知をする必要があります。

(2)特約によって免責されるケースもある

欠陥住宅の売主または施工業者の責任は、特約によって免責することも認められています(民法572条)。売買契約書または請負契約書などに売主または施工業者の責任を免除する特約が設けられていた場合には、欠陥住宅であったとしても、責任追及をすることができなくなってしまいます。

ただし、新築住宅の場合で、住宅の構造耐力上主要な部分などに欠陥がある場合には、免責の特約があったとしても、住宅品質確保法により無効になります(同法94条2項、95条2項)。

また、その他の場合にも、免責の特約があったとしても免責が制限されるケースもありますので、諦めずにまずは専門家に相談することをおすすめします。

3. 責任追及する際に弁護士に依頼すべき?

欠陥住宅の責任追及をする際には、弁護士に依頼することをおすすめします。

(1)弁護士に依頼するメリット

欠陥住宅に関する問題は、建築分野の専門的知識が必要になりますので、一般の方では、住宅の不具合が責任追及可能な欠陥にあたるかどうかを判断することができません。また、施工業者に対して責任追及する場合にも、知識や経験が豊富な建築会社を相手に交渉するのは容易ではありません。

弁護士に依頼をすれば、相手との交渉をすべて任せることができますので、交渉に関する負担を大幅に軽減することができます。弁護士であれば専門的知識が必要となる建築紛争に関しても適切に対応することができますので、欠陥住宅の問題を解決することが期待できます。

(2)弁護士を選ぶ際のポイント

欠陥住宅などの建築紛争は、法的トラブルの中でも専門性の高い分野になります。そのため、弁護士であれば誰でも対応できるというわけではありません。建築紛争の対応をするためには、建築分野の専門的な知識を有していること、一級建築士などとの連携が可能であることなどいくつか必要な条件があります。

弁護士に相談する際には、これらの条件を満たしているかという観点から弁護士を選ぶようにしましょう。

弁護士JP編集部
弁護士JP編集部

法的トラブルの解決につながるオリジナル記事を、弁護士監修のもとで発信している編集部です。法律の観点から様々なジャンルのお悩みをサポートしていきます。

  • こちらに掲載されている情報は、2023年05月15日時点の情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お一人で悩まず、まずはご相談ください

まずはご相談ください

不動産・建築・住まいに強い弁護士に、あなたの悩みを相談してみませんか?

弁護士を探す
まずはご相談ください

お一人で悩まず、まずはご相談ください

不動産・建築・住まいに強い弁護士に、あなたの悩みを相談してみませんか?

関連コラム

不動産・建築・住まいに強い弁護士

  • 藤井 優希 弁護士

    弁護士法人KTG湘南藤沢法律事務所

    神奈川県 藤沢市
    神奈川県藤沢市鵠沼石上1-5-4 ISM藤沢4階
    JR・小田急線 藤沢駅 徒歩約5分
    • 当日相談可
    • 夜間相談可
    • 24時間予約受付
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    休日、夜間の相談希望に関しましては、お問い合わせの上、確認くださいませ。

     
    注力分野

    【不動産に関する事務所お問い合わせ件数約100件/年】【不動産顧問先会社多数】【不動産トラブル/賃料回収/立退き/土地建物明渡し等】【初回相談30分無料】

  • 山本 恭輔 弁護士

    福岡つむぎ法律事務所

    福岡県 福岡市早良区
    福岡県福岡市早良区百道1-9-12 アーバンももちⅡ102
    • 休日相談可
    • 夜間相談可
    • 24時間予約受付
    • ビデオ相談可
     
    注力分野

    【藤崎駅から徒歩5分】【出張相談/オンライン相談可能】不動産全般で解決実績多数あり【オーナー様向け】【借主様向け】どちらも対応可能!お早めにご相談ください

  • 寺田 弘晃 弁護士

    神楽坂総合法律事務所

    東京都 新宿区
    東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル6階
    ●東京メトロ地下鉄 飯田橋駅B3出口より 徒歩約5分
    ●JR飯田橋駅西口より 徒歩約6分
    ●都営大江戸線 牛込神楽坂駅A3出口より 徒歩約4分
    ●東西線 神楽坂駅1a出口より 徒歩約6分

    弊所は、1階に【 新宿神楽坂郵便局 】や【 カフェ・ベローチェ 】が所在する、オザワビルの6階です。

    神楽坂のシンボル【 毘沙門天 善國寺 】がビルの目の前にございます。

    ▶▷▶ 事務所ホームページ↓
     https://shinjuku-houritusoudan.com/
    • 休日相談可
    • 夜間相談可
    • 24時間予約受付
    • 全国出張対応
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    ▶▷▶ 土日祝日・夜間のご相談も、予めお問合せ下さい

     
    注力分野

    【WEB相談可/無料相談枠有】【不動産売買/共有物分割/賃貸借契約/借地等】大切な不動産を守る・活用するお手伝い!複雑な問題もお任せ下さい【地下鉄飯田橋駅5分】

  • 野口 直人 弁護士

    大阪バディ法律事務所

    大阪府 大阪市北区
    大阪府大阪市北区西天満4-15-18 プラザ梅新1516
    ・東梅田駅徒歩5分
    ・北新地駅徒歩5分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 夜間相談可
    • 24時間予約受付
    • 全国出張対応
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    当日、休日、夜間の相談希望に関しましては、お問い合わせの上、確認くださいませ。

     
    注力分野

    建物明渡請求・共有物分割請求に強い弁護士が交渉を代行【相談無料】【電話相談可】家賃滞納が2か月以上/共有者との直接の話し合いが困難な方はご相談下さい。

  • 松本 匡史 弁護士

    松本法律事務所

    北海道 札幌市中央区
    北海道札幌市中央区北2条西2丁目4 マルホビル5階
    札幌市営地下鉄 南北線・東西線大通駅3番出口(札幌フコク生命越山ビル)から徒歩3分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 夜間相談可
    • 24時間予約受付
    • 全国出張対応
    • ビデオ相談可

    通常営業時間外のご相談は、時間外加算があります。

     
    注力分野

    【元不動産ディベロッパー】不動産業界や現場の実情を踏まえた解決策をご提案。顧問契約で売買取引・賃貸借処理におけるトラブル予防、スピード対応が可能になります