休日出勤は違法じゃない? 労働基準法上の定義と賃金の計算方法を解説

休日出勤は違法じゃない? 労働基準法上の定義と賃金の計算方法を解説

弁護士JP編集部 弁護士JP編集部

繁忙期や人員不足などで、通常の業務だけでは仕事が片付かず、休日出勤を余儀なくされることがあります。

しかし、休日は、労働者が仕事の疲れを癒やし、心身ともにリフレッシュするために必要な日ですので、休日に働かせるには、労働基準法上のさまざまなルールを満たさなければなりません。適切な運用がなされていない場合には、違法な休日出勤になる可能性もあります。

今回は、休日出勤の定義や休日出勤をした場合の賃金計算の方法などについて解説します。

1. 休日出勤の定義は?

そもそも、休日出勤とはどのようなことを指すのでしょうか。

(1)休日出勤とは

休日出勤とは、労働義務のない日に会社へ行き、働くことをいいます。週休2日制の会社では、土曜日や日曜日、祝日に出勤した場合が休日出勤となります。休日にイベントや研修に参加する場合でも、会社から参加が義務付けられている場合には、休日出勤として扱われます。

また、会社から休日出勤を命じられ、拒否したいと考えるかもしれませんが、会社の就業規則や労働契約で休日出勤のルールが定められており、36協定の締結・届け出がなされている場合には、原則として休日出勤の要請を拒否することはできません。

(2)労働基準法の「休日」の定義

労働基準法では、「法定休日」と「法定外休日」の2種類が規定されています。

法定休日とは、原則として1週間につき1日与えられる最低限の休日です。法定休日に休日出勤をした場合には、労働基準法が定める割増賃金の支払いが必要になります。

一方で、法定外休日とは、法定休日以外の休日のことをいいます。法定外休日に休日出勤をしたとしても、割増賃金の支払いはありません。

このように、休日出勤が法定休日なのか法定外休日なのかによって、賃金の扱いが異なるため、休日出勤をする際には、どちらの休日に該当するのかを理解しておくことが大切です。

2. 休日出勤でもらえる賃金は?

休日出勤でもらえる賃金は、「法定休日」「法定外休日」のどちらの休日出勤かによって異なってきます。

(1)法定休日における休日出勤割増賃金の計算方法

法定休日に休日出勤をした場合は、休日出勤の割増賃金が支払われる必要があります。法定休日に出勤した場合の割増賃金は35%以上とされているため、1時間あたりの賃金を35%上乗せした賃金を支払わなければなりません。休日出勤の割増賃金の計算方法は以下のとおりです。

1時間あたりの賃金×休日出勤での労働時間×135%=休日出勤割増賃金

割増賃金が支払われているかどうか不安な場合は、給与明細などを確認し「休日出勤手当」や「休日労働手当」といった名目で正しく割増賃金が支払われているかどうかチェックしましょう。

(2)法定外休日における休日出勤賃金の計算方法

法定外休日に休日出勤をした場合には、休日出勤の割増賃金の支払いは不要です。ただし、休日であっても働いていますので、実際の労働時間に応じた通常の賃金を支払わなければなりません。

1時間あたりの賃金×休日出勤での労働時間=休日出勤賃金

なお、休日出勤をしたことによって、法定労働時間を超過する場合は、時間外労働(残業)に対する割増賃金の支払いが必要になります。法定労働時間は、1日8時間、1週40時間とされていますので、これらを超過した部分については、1時間あたりの賃金を25%上乗せした賃金を支払わなければなりません。

3. 何の対価もない休日出勤は違法?

休日出勤をした場合には、これまで説明したとおり、法定休日であれば割増賃金の支払いが必要になり、法定外休日であれば通常の賃金の支払いが必要になります。このように、会社は労働者を休日に働かせた場合には、何らかの対価を支払う義務があります。

会社が労働者に対して、何の対価も支払うことなく休日出勤をさせた場合には、労働基準法違反となり、使用者に対して、6か月以下の懲役や30万円以下の罰金という刑事罰が定められています。

このように、何の対価の支払いもない休日出勤は、違法となる可能性が高いため、給与明細を見ても休日出勤に対する対価の支払いがないという場合には、弁護士に相談することを検討してください。

弁護士は、割増賃金の支払いの要否を判断し、未払いの割増賃金がある場合には、それを計算し、会社に対して請求することができます。会社との交渉を任せることができるのは、弁護士だけですので、ひとりで対応するのが不安だという場合には、弁護士のサポートを受けながら未払い賃金の請求を行っていきましょう。

弁護士JP編集部
弁護士JP編集部

法的トラブルの解決につながるオリジナル記事を、弁護士監修のもとで発信している編集部です。法律の観点から様々なジャンルのお悩みをサポートしていきます。

  • こちらに掲載されている情報は、2023年07月12日時点の情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お一人で悩まず、まずはご相談ください

まずはご相談ください

労働問題に強い弁護士に、あなたの悩みを相談してみませんか?

弁護士を探す

関連コラム

労働問題に強い弁護士

  • 大城 拓摩 弁護士

    ベリーベスト法律事務所 浜松オフィス

    静岡県 浜松市中央区
    静岡県浜松市中央区鍛冶町319-28 遠鉄鍛冶町ビル11階
    JR「浜松駅」メイワン口から徒歩5分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 24時間予約受付
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    ※初回相談無料は、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。

     
    注力分野

    不当な解雇・退職勧奨、残業代請求の初回相談無料、着手金無料です。まずはお気軽にご相談ください。

  • 山本 倫子 弁護士

    ベリーベスト法律事務所 千葉オフィス

    千葉県 千葉市中央区
    千葉県千葉市中央区富士見2-3-1 塚本大千葉ビル9階
    「千葉」駅 徒歩3分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 24時間予約受付
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    ※初回相談無料は、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。

     
    注力分野

    多種多様な労働事件、労働問題について、労働者側のご相談に対応

  • 杉山 大介 弁護士

    ベリーベスト法律事務所 北千住オフィス

    東京都 足立区
    東京都足立区千住1丁目11番2号 北千住Vビルディング4階
    JR常磐線・東京メトロ日比谷線、千代田線・東武鉄道伊勢崎線・つくばエクスプレス「北千住駅」より、徒歩10分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 24時間予約受付
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    ※初回相談無料は、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。

     
    注力分野

    あなたの「当り前」を守る

  • 笠木 拓海 弁護士

    ベリーベスト法律事務所 横浜オフィス

    神奈川県 横浜市神奈川区
    神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-8 アーバンセンター横浜ウエスト10階
    各線「横浜」駅より徒歩10分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 24時間予約受付
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    ※初回相談無料は、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。

     
    注力分野

    労働者側及び使用者側いずれでも対応可能。 中小企業の社長に向けた事業者向けセミナーも担当。

  • 山本 恭輔 弁護士

    福岡つむぎ法律事務所

    福岡県 福岡市早良区
    福岡県福岡市早良区百道1-9-12 アーバンももちⅡ102
    • 休日相談可
    • 夜間相談可
    • 24時間予約受付
    • ビデオ相談可
     
    注力分野

    【オンライン相談可】【企業側・従業員側どちらも対応可】【藤崎駅から徒歩5分】未払残業代、解雇・懲戒、労災、セクハラ・パワハラ等、労使トラブルはお早めにご相談を