子どもが学校で体罰を受けたら弁護士に相談すべき?

子どもが学校で体罰を受けたら弁護士に相談すべき?

弁護士JP編集部 弁護士JP編集部

学校では、子ども同士または子どもと教師との間でさまざまなトラブルが生じることがあります。学校側が問題にしっかりと向き合って対処してくれれば大事には至らないこともありますが、適切な対応ができなければいじめや体罰にまで発展することもあります。このような問題が生じた場合には、早めに弁護士に相談することが大切です。

今回は、子どもが体罰を受けた場合に弁護士に相談をするメリットについて解説します。

1. 体罰はどんな行為を指す?

そもそも体罰とはどのような行為を指すのでしょうか。

(1)体罰にあたると考えられる行為

体罰とは、教師が子どもの身体に直接的または間接的に肉体的苦痛を与える行為をいいます。また、暴言や行き過ぎた指導については、体罰の定義にはあたりませんが、体罰と同様に教育上不適切な行為にあたります。

①身体を侵害する行為

有形力の行使によって、出血、骨折、歯牙破折、鼓膜損傷などの傷害を負わせた場合には、通常子どもが肉体的苦痛を感じるものであり、仮に感じることがなかったとしても、体罰に該当します。身体を侵害する行為の具体例としては、以下のものが挙げられます。

  • 授業中にふざけていた生徒の頬を平手打ちして鼓膜損傷させた
  • 生徒指導に応じない生徒を突き飛ばして転倒させた
  • 部活動顧問の指示に従わない生徒の顔を殴打した

②肉体的苦痛を与える行為

長時間廊下に立たせる、長時間のランニングをさせるなどの肉体的苦痛を与える行為は、体罰に該当します。肉体的苦痛を与える行為の具体例としては、以下のものが挙げられます。

  • 宿題を忘れた児童に対し、正座で授業を受けさせた
  • 放課後に教室に居残りを命じて、トイレなども含めて室外に出ることを一切禁止した
  • 部活動でのミスを理由に一人だけ長時間グラウンドでのランニングを命じた

③暴言、行き過ぎた指導

教師が子どもに対して、恐怖感、侮辱感、人権侵害などの精神的苦痛を与える不適切な言動をした場合や運動部活動やスポーツ指導において子どもの現況に適合しない過剰な指導をした場合には、体罰にはあたりませんが、不適切な指導にあたります。

(2)体罰にあたらないと考えられる行為

学校の教師には、児童生徒の指導のために必要な範囲での「懲戒」は認められています(学校教育法11条)。また、有形力の行使があったとしても、正当防衛や正当行為にあたる場合には、体罰にはあたりません。

①懲戒権の範囲内と考えられる行為

子どもの身体に肉体的苦痛や負担を伴わない以下の行為については、懲戒権の範囲内の行為と考えられます。

  • 放課後に教室に残留させる
  • 授業中、教室内に起立させる
  • 学習課題や清掃活動を課す
  • 学校当番を多く割り当てる
  • 立ち歩きの多い児童を叱って席につかせる
  • 練習に遅刻した生徒を部活動に参加させず見学させる

②正当防衛や正当行為にあたると考えられる行為

子どもから教師への暴力行為に対して防衛のためやむを得ずにした有形力の行使や他の子どもに対する被害を防止するためにやむを得ずにした有形力の行使は、正当防衛や正当行為にあたりますので、体罰にはあたりません。

  • 生徒が反抗して殴りかかってきたため、腕をねじ上げて制止させる
  • 生徒同士でトラブルが生じ、喧嘩になったため、落ち着かせるために体を抱え込んで押さえつける

2. 子どもが学校で体罰を受けたら、弁護士に相談すべき?

子どもが学校で体罰を受けた場合には、弁護士に相談することをおすすめします。

(1)学校、教育委員会と話し合いを行う

弁護士に依頼をすれば、弁護士が代理人として学校や教育委員会との話し合いを行うことができます。保護者からの申し出だけでは、真剣に取り合ってくれないケースでも弁護士が窓口になることによって、迅速かつ適切な対応が期待できます。

(2)賠償金の適正な金額を算定してもらえる

体罰によって子どもに怪我や後遺症が生じた場合には、その損害を学校側に対して請求することができます。子どもに生じた損害を算定するにあたっては、損害賠償実務に関する知識や経験が不可欠になります。弁護士であれば賠償金の計算方法や相場などを把握していますので、弁護士に相談をすれば賠償金の適正な金額を算定してもらうことができます。

(3)教師や学校側に損害賠償請求を行う

教師や学校側に損害賠償請求を行うためには、まずは任意の交渉によって解決を目指しますが、交渉に応じない場合や交渉の結果に納得できない場合には、裁判所に訴訟提起をする必要があります。

弁護士であれば、学校側との和解交渉だけでなく訴訟の対応も任せることができます。

弁護士JP編集部
弁護士JP編集部

法的トラブルの解決につながるオリジナル記事を、弁護士監修のもとで発信している編集部です。法律の観点から様々なジャンルのお悩みをサポートしていきます。

  • こちらに掲載されている情報は、2023年06月12日時点の情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お一人で悩まず、まずはご相談ください

まずはご相談ください

学校問題に強い弁護士に、あなたの悩みを相談してみませんか?

弁護士を探す
まずはご相談ください

お一人で悩まず、まずはご相談ください

学校問題に強い弁護士に、あなたの悩みを相談してみませんか?

関連コラム

学校問題に強い弁護士

  • 加藤 惇 弁護士

    CSP法律会計事務所

    東京都 新宿区
    東京都新宿区四谷1-20-4 中村ビル別館1階
    JR中央・総武線 四ツ谷駅 徒歩3分 四ツ谷口
    東京メトロ南北線 四ツ谷駅 徒歩2分 2番出口
    東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷駅 徒歩5分 赤坂方面改札
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 夜間相談可
    • 24時間予約受付
    • 全国出張対応
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • LINE相談可
    • メール相談可
    • 初回相談無料
     
    注力分野

    【学校問題・いじめの解決実績多数】お子様の負担を減らし、安心して学校生活を送れるようお手伝いします。学校への調査依頼や交渉はお任せください。【土祝・夜間対応可】

  • 村林 優一 弁護士

    村林法律特許事務所

    三重県 津市
    三重県津市広明町366 大川ビル6階
    津駅西口徒歩1分
    • 休日相談可
    • 夜間相談可
    • 24時間予約受付

    交通事故被害者の初回法律相談は無料です。

     
    注力分野

  • 小杉 晴洋 弁護士

    弁護士法人小杉法律事務所本店

    東京都 中央区
    東京都中央区晴海3-13-1-E4909
    都営大江戸線「勝どき駅」徒歩8分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 夜間相談可
    • 24時間予約受付
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • LINE相談可
    • メール相談可
    • 初回相談無料

    状況等により異なる場合もございます。まずは営業時間内にお問い合わせください。

     
    注力分野

  • 戸舘 圭之 弁護士

    戸舘圭之法律事務所

    東京都 千代田区
    東京都千代田区麹町2-12-13 LYNX麹町7階
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 夜間相談可
    • 24時間予約受付
    • 全国出張対応
    • ビデオ相談可
     
    注力分野

    いじめ、停学・退学、教師とのトラブルなど学校(小学校、中学校、高校、大学、幼稚園、保育園)でのトラブルに関する弁護士対応はおまかせください。

  • 大澤 健人 弁護士

    弁護士法人小杉法律事務所横浜オフィス

    神奈川県 横浜市中区
    神奈川県横浜市中区山下町223-1 NU関内ビル2階
    JR線「関内」駅 徒歩約7分
    みなとみらい線「日本大通り」駅 徒歩約5分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 夜間相談可
    • 24時間予約受付
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • LINE相談可
    • メール相談可
    • 初回相談無料

    状況等により異なる場合もございます。まずは営業時間内にお問い合わせください。

     
    注力分野