夫の不貞行為を証明! 法的に認められる証拠の種類・集め方
  • 2022年06月20日
  • 離婚・男女問題

夫の不貞行為を証明! 法的に認められる証拠の種類・集め方

弁護士JP編集部 弁護士JP編集部

もし夫の不倫に気づき、離婚や慰謝料の請求を考えるなら、どのような行動をとるべきでしょうか?その選択によっては、あなたが不利な立場になりかねません。

不貞行為の証拠として有効なもの、証拠の集め方を紹介します。

1. 不貞行為の定義は?

不貞行為とは、夫婦関係にある男女のどちらかが、配偶者以外の異性と肉体関係をもつことを指します。民法第770条第1項に規定された法定離婚事由の1つであり、これがあると認められた場合には、裁判で離婚の可否が争われたときに離婚が認められます。

親密な関係にはあるが肉体関係はないという場合、あなた自身は不倫されたと思うことでしょう。しかしながら、たとえ異性と親しい関係にあったとしても、肉体関係がない場合は不貞関係とは認められません。

なお、一度限りの肉体関係の場合も不貞行為にあたります。ただし、継続的に肉体関係を持っていたケースのほうが慰謝料額は高額になる傾向にあります。

また、風俗店に行ったことが不貞行為であるかが争われるケースもあります。風俗店と言っても、性交渉を行っていなければ不貞行為ではありません。性交渉を行った場合には、風俗店でのことであっても不貞行為となります。

不貞行為について慰謝料請求をすると、請求された側から「既に夫婦関係が破綻していたため慰謝料は認められない」旨の主張がなされることがあります。夫婦関係が完全に破綻している場合には、その後になされた配偶者以外との不貞行為によって慰謝料が発生しないと考えられています。

例えば、離婚を前提とした別居をしており、離婚の話合いが進められているという場合には、既に夫婦関係が破綻していると認められる可能性があり、この場合には慰謝料請求は認められない可能性が高くなります。夫婦が離れて暮らしていたとしても、それが単身赴任であるなど離婚を前提としていない場合には夫婦関係が破綻しているとは認められません。

このような夫婦関係破綻の主張がなされたとしても、完全に破綻していたと認められることはあまりなく、程度問題として慰謝料の金額を調整する要素として考えられることが多いと言えます。

2. 夫の不貞行為の証拠になるものは?

夫の不貞行為を理由に慰謝料や離婚を請求する場合は、あなた自身が「夫が不貞行為をした」という証拠を集める必要があります。なぜなら、相手がその事実を認めない可能性があるためです。

もし口頭だけで不倫したことを認めたとしても、実際に離婚や慰謝料を請求された途端、否定するかもしれません。場合によっては、調停や裁判で争うことになってしまうこともあります。

そのようなとき、「夫が不貞行為をした」という事実を第三者に理解してもらえる証拠を裁判所などに提示し、あなたの主張が正しいことを理解してもらう必要があるのです。

具体的に集めるべき、不貞行為の証拠とすることができるものの例は以下の通りです。

(1)不貞行為をしたことが伝わる写真や映像

夫と不倫相手がホテルに出入りする場面の写真や映像は強い証拠になります。

(2)LINEやメール、SNSなどの履歴

夫と不倫相手のやりとりの中で、肉体関係を持ったことが確認できるやり取りは重要な証拠となります。やり取りの中には写真があることもあり、それも証拠として使える場合があります。

(3)音声データ

夫との会話の中で、不貞行為を認める発言があった場合には、その録音も証拠となりえます。

(4)その他

ラブホテルへ出入りしていたことがわかるポイントカードやクレジットカードの使用履歴なども不貞行為の証拠になりえます。また、不貞行為を記したメモや日記、書き込みなども証拠になりえます。

3. 不貞行為の証拠を集めるには?

不貞行為を理由に離婚を求めるときも、慰謝料を請求するときも、相手が不倫の事実を認めていなければ、それを裁判所に認めてもらうには証拠が重要です。

証拠集めは自身で行うことができます。しかしながら、慰謝料を請求するにあたって決定的となる証拠を特定し、それを収集するためには、法律の知識が必要であり、時間と手間がかかる場合があります。また、不用意に動いたことによりあなたに疑われていると気づいた夫が証拠を隠してしまえば、たとえ、不貞行為があったことが事実であっても、証拠を集めることは難しくなってしまいます。

そのため、夫の不貞行為の証拠を集める場合は、あくまでも冷静かつ慎重に進める必要があるのです。

どのような証拠を集めるべきなのかなど証拠収集について悩まれる場合は、まずは弁護士にご相談されるとよいでしょう。また、自身では決定的な証拠が得られないという場合には、探偵業者や調査会社に依頼することも1つの方法です。ただし料金が高額になる場合もありますので、よく確かめてからご依頼されることをおすすめします。

ご自身で証拠を探す際、証拠になりうるものを見つけたら、相手を問い詰める前に必ず保管しておくようにしてください。ただし、夫婦であっても、勝手にパスワードを解除してSNSにログインすると不正アクセスであり違法ですから注意が必要です。

弁護士JP編集部
弁護士JP編集部

法的トラブルの解決につながるオリジナル記事を、弁護士監修のもとで発信している編集部です。法律の観点から様々なジャンルのお悩みをサポートしていきます。

  • こちらに掲載されている情報は、2022年06月17日時点の情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お一人で悩まず、まずはご相談ください

弁護士

離婚・男女問題に強い弁護士に、あなたの悩みを相談してみませんか?

弁護士を探す