詐欺罪? 窃盗罪? コンビニコーヒーのサイズ押し間違いは犯罪か

詐欺罪? 窃盗罪? コンビニコーヒーのサイズ押し間違いは犯罪か

弁護士JP編集部 弁護士JP編集部

セブンイレブンでは、「セブンカフェ」というセルフサービスのコーヒーが販売されています。その他のコンビニでも、利用客が自分でカップにコーヒーを注ぐマシンが設置されているケースが多いです。

アイスコーヒーとホットコーヒー、Sサイズ・Mサイズ(Rサイズ)・Lサイズなどさまざまな種類の商品が用意されていますが、購入したサイズとは違うボタンを間違って押してしまう可能性もあります。もしコンビニコーヒーのサイズを押し間違えてしまった場合、何らかの罪に問われることはあるのでしょうか?

今回は、コンビニコーヒーのサイズ押し間違いが犯罪に当たるのかどうかについて解説します。

1. コンビニコーヒーのサイズを押し間違えた場合、罪に問われるか?

コンビニコーヒーを購入した後、購入サイズよりも大きいサイズのボタンを押した場合には、詐欺罪または窃盗罪が成立する可能性があります。

詐欺罪・窃盗罪の成否については、意図的に違うボタンを押したかどうか、押し間違いに気づいたタイミングなどによって、以下のとおり結論が分かれます。

(1)意図的に違うボタンを押した場合

詐欺罪または窃盗罪成立

購入したものよりも大きいサイズのボタンを意図的に押した場合には、詐欺罪(刑法第246条第1項)または窃盗罪(刑法第235条)が成立します。詐欺罪の法定刑は「10年以下の懲役」、窃盗罪の法定刑は「10年以下の懲役または50万円以下の罰金」です。

購入時点ですでに大きいサイズのボタンを押すことを決意していた場合には、詐欺罪が成立します。この場合、コーヒーを入れる権利を獲得する際に、店員(店舗)をだます行為がなされているため、窃盗罪ではなく詐欺罪が成立するのです。

これに対して、購入時点では大きいサイズのボタンを押す意図はなかったものの、実際にコーヒーを入れる段階で意図的に大きいサイズのボタンを押した場合には、窃盗罪が成立します。この場合、店員(店舗)に対するだます行為は存在しませんが、店員(店舗)の意図に反して大きいサイズのコーヒーを手に入れた(占有を取得した)ので、成立するのは窃盗罪となります。

(2)店内で押し間違いに気づいたが、黙って持ち帰った場合

窃盗罪成立

購入したものよりも大きいサイズのボタンを誤って押したことに店内で気づいたものの、そのまま大きいサイズのコーヒーを持ち帰った場合には、窃盗罪が成立します。

利用客が店内にいる間は、コーヒーの占有は店舗に残っていると解されます。店舗から利用客へコーヒーの占有が移るのは、利用客がコーヒーを持って店外へ出た時点です。

店内でボタンの押し間違いに気づいている場合、そのままコーヒーを持って店外に出る時点では、購入したものとは異なるサイズのコーヒーを持ち帰る「故意」が存在します。したがって、店舗の意図に反して大きいサイズのコーヒーを手に入れた(占有を取得した)と評価されるため、窃盗罪が成立するのです。

(3)気づかずに店外へ出て、そのままコーヒーを持ち帰った場合

遺失物横領罪成立

ボタンを押し間違えたことに気づかないまま、購入したものよりも大きいサイズのコーヒーを持って店外へ出た場合、犯罪は成立しません。

この場合、利用客が押し間違いに気づいた段階では、すでに店外に出ているため、コーヒーの占有が利用客に移った状態です。つまり、利用客がコーヒーを持って店外へ出る時点では、窃盗の故意が存在しないため、窃盗罪は成立しません。

しかし店外に出た利用客の手元にあるコーヒーは、刑法上、依然として店舗の所有物と評価されます。

店舗の占有を離れた店舗所有のコーヒーを、利用客がそのまま自分のものにした場合、遺失物横領罪(刑法第254条)が成立します。遺失物横領罪の法定刑は、「1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科料」です。

(4)押し間違いに気づかないまま、コーヒーを飲んだ場合

犯罪不成立

最後までボタンの押し間違いに気づかないまま、購入したものよりも大きいサイズのコーヒーを飲んでしまった場合、犯罪は成立しません。この場合、利用客の行為のどの段階を切り取っても、犯罪の故意が認められないからです。

2. コンビニコーヒーのサイズ押し間違いで罪に問われないためには?

コンビニコーヒーを購入した後、ボタンの押し間違いに気づいていながらコーヒーを持ち帰ったり飲んだりすると、犯罪の責任を問われる可能性があります。

刑事責任を追及される事態を防ぐためには、押し間違いに気づいた段階で、すぐに店員へ正直に申告するべきでしょう。無用な疑いを避けるためにも、押し間違いは正直に申告することをお勧めいたします。

弁護士JP編集部
弁護士JP編集部

法的トラブルの解決につながるオリジナル記事を、弁護士監修のもとで発信している編集部です。法律の観点から様々なジャンルのお悩みをサポートしていきます。

  • こちらに掲載されている情報は、2022年09月02日時点の情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お一人で悩まず、まずはご相談ください

まずはご相談ください

犯罪・刑事事件に強い弁護士に、あなたの悩みを相談してみませんか?

弁護士を探す

関連コラム

犯罪・刑事事件に強い弁護士

  • 大久保 潤 弁護士

    弁護士法人長瀬総合法律事務所

    茨城県 牛久市
    茨城県牛久市中央5-20-11 牛久駅前ビル201
    常磐線牛久駅徒歩1分
    現在営業中 6:00〜23:00
    • 当日相談可
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    当日相談は日程調整ができない場合もありますので予めご了承ください。

     
    注力分野

    ★茨城県全域対応★「私たちはご本人に会ったり、示談交渉をしたりすることができます!」「また、一日も早く釈放されるように働きかけたり保釈申請も可能です」

  • 若佐 一朗 弁護士

    ベリーベスト法律事務所 大阪オフィス

    大阪府 大阪市北区
    大阪府大阪市北区堂島1-1-5 関電不動産梅田新道ビル2階
    地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩7分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 24時間予約受付
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    ※初回相談無料は、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。

     
    注力分野

    元検事ですので、刑事事件はお任せください。警察、検察の事情を踏まえた最善の解決を目指します。

  • 向山 修平 弁護士

    ベリーベスト法律事務所 那覇オフィス

    沖縄県 那覇市
    沖縄県那覇市久茂地2-8-1 JEI那覇ビル5階
    ゆいレール「県庁前駅」より徒歩4分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 24時間予約受付
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    ※初回相談無料は、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。

     
    注力分野

    【初回相談無料】刑事事件の相談対応実績多数。あなたの利益の最大化を目指します。まずは電話・メールで状況をお聞きします。

  • 藤田 誓史 弁護士

    アディーレ法律事務所岡崎支店

    愛知県 岡崎市
    愛知県岡崎市明大寺町字川端19-13 山七東岡崎ビル3階
    名鉄東岡崎駅から徒歩2分
    現在営業中 9:00〜21:00
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 夜間相談可
    • 24時間予約受付
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    初回相談無料は、内容によっては有料の場合があります。

     
    注力分野

    【即日対応】不起訴処分で早期解決した事例が多数。ご連絡いただいた依頼者様やご家族の弁護はお任せ下さい。【早朝夜間土日対応】

  • 助川 大樹 弁護士

    町田第一法律事務所

    東京都 町田市
    東京都町田市原町田6-29-3 ヴィラフェリーチェ401
    現在営業中 9:00〜18:00
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 電話相談可
    • 法テラス利用可
    • 初回相談無料
     
    注力分野

    【刑事事件の解決実績200件以上】【初回法律相談無料】【スピード対応/初回接見に努めます】示談交渉の実績多数あり。身柄事件/在宅事件など幅広く対応。

弁護士を検索する

最近見た弁護士

閲覧履歴へ