若林 翔 弁護士
わかばやし しょう

若林 翔弁護士

グラディアトル法律事務所

東京都新宿区新宿1-11-5 不二越ビル2階

対応体制
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 24時間予約受付
  • 電話相談可
  • ビデオ相談可
  • LINE相談可
  • メール相談可
  • 初回相談無料
備考

相談内容によっては弁護士法・弊所規定により有料または相談自体受けられない場合あり

依頼者を「守る」だけでなく、「攻め」の提案を⾏い、依頼者の利益を「勝ち取る」。 そして、依頼者とともに「闘う」弁護⼠であるべく、研鑽を重ねています。

豊富な実績とノウハウの共有・蓄積

事務所開設から2023年現在までの約10年間で、相談件数が5万件以上、受任件数が5千件以上と豊富な実績があります。

自社システム内にその豊富な実績を蓄積しています。

過去の類似の事例において、どのような方法によりご依頼者様に満足いただける結果が出たのか、その経験・ノウハウを事務所内のメンバーであればアクセス可能です。

担当弁護士は、過去の豊富な実績を参考にして、当該事案についてより良い解決策を模索することができます。

進取の精神で最新情報の更新・勉強に励んでいます

時代の変化とともに、弁護士が対応すべき新しいトラブルが生じます。

インターネット分野、SNS、YouTuber等のインフルエンサーのトラブルなど、これまでなかったトラブルが新しく生じてきました。

また、法律の改正や判例についても、常に最新の知識が必要とされます。

当事務所では、各弁護士が、最新情報について研究・研鑽を続け、その内容を弁護士勉強会等で共有しています。

最新の知識・判例に基づき、最適な対応策をご提案いたします。

全国対応・24時間・土日祝日も相談受付可能

当事務所では、全国各地の人からご依頼を受けています。

現在では、弁護士との打ち合わせはもちろん、裁判手続きもWEB会議で行うことが可能です。

そのため、遠隔地からのご依頼を受ける場合にも、ご依頼者様のご負担は少なくなってきています。

また、24時間・土日祝日も相談受付可能です。

平日働いている方でも、土日などの休日に弁護士とのご相談をしていただくことが可能です。

電話・メールのほか、LINEでのご相談も受け付けていますので、お気軽にご相談いただけたら幸いです。

プロフィール

プロフィールページをご覧いただき、ありがとうございます。
グラディアトル法律事務所、代表の若林翔と申します。

当事務所では、幅広い分野において数多くのご依頼を受け、解決をしてきました。また、年間1万件以上の法律相談を受けております。

【質の高いリーガルサービス】
質の高いリーガルサービスを提供できるよう研鑽を続けています。

これまで解決してきた事件の内容、その際に有効だったポイント、調査した判例等の法律知識など、事務所内の知識・経験を自社内のシステムで共有し、これらのノウハウを蓄積しております。

また、弁護士同士の勉強会を定期的に開催し、最新の知識・経験を常にブラッシュアップしております。

【タフな交渉力】
歌舞伎町などの繁華街のナイトビジネスに関わるご依頼を多く受けており、タフな交渉事件を数多く経験しております。

その中で培われた交渉力は、裁判前の交渉での早期解決等、他の多くの事件にも生きると考えています。

【相談者様への思いやり】
多くの人にとって、弁護士に相談をする、依頼をするときは、人生における重大事であったり、大きな問題やストレスを抱えている状況が多いと思います。

ご相談者様の抱える問題や不安な心情等に配慮し、思いやりをもった対応ができる弁護士でありたいと心がけています。

ぜひ、一度、当事務所にご相談をいただけたら嬉しいです。

所属弁護士会
東京弁護士会

学歴

早稲田大学付属本庄高等学院
早稲田大学法学部
慶應義塾大学法科大学院

対応言語

日本語

取扱分野

  • 交通事故

  • 借金・債務整理

  • 遺産相続

  • 労働問題

  • 債権回収

  • 不動産・建築・住まい

  • 消費者被害

  • 学校問題

  • 裁判・法的手続

  • 行政事件

  • 企業法務

若林 翔 弁護士へのお問い合わせ

現在営業中です。お急ぎの場合はお電話でも受け付けています。

若林 翔 弁護士 電話番号を表示する

  • ご入力
  •  
  • ご確認
  •  
  • 完了

若林 翔 弁護士にお問い合わせをする場合、下記フォームに入力のうえ、ご送信ください。内容を確認したのち、あらためてご連絡いたします。

氏名(漢字)必須
氏名(ふりがな)必須
メールアドレス必須
お住まいの都道府県必須
電話番号必須
折り返し希望の時間帯任意

電話での折り返し希望の時間帯がある場合はご入力ください。

面談の希望日時任意
第1希望
第2希望
第3希望
お問い合わせ内容必須

送信内容は、プライバシーポリシーに同意いただいたものとします。

  • 送信後、お問い合わせ内容の控えが、メールにてお客様宛に自動送信されます。
  • もし返事がない場合、お手数ですが、営業時間内にお電話をおかけください。

活動履歴

メディア掲載

2017年12月

『古い建物が多い「ソープランド」、風営法でリフォームや改築困難…大宮火災で懸念の声』

(弁護士ドットコムニュース)

2018年04月

『長澤まさみが”ハニートラップ”!? もし身近で女性部下にハニトラを仕掛けられたら…』

(日刊SPA!)

2018年04月

『「好きになっちゃった」はセクハラ? 福田次官辞任から見るセクハラの境界線』

(日刊SPA!)

2018年05月

『女子トイレが長蛇の列…男子トイレを使ったら罪になる?』

(女子SPA!)

2018年05月

『追跡 仮想通貨 ~「コイン」で出資 潜む罠~』

(読売新聞 2018年5月6日朝刊記事)

2018年06月

『ライブハウス、法律上は「飲食店」 1ドリンク制をめぐる誤解を弁護士が斬る』

(弁護士ドットコムニュース)

2018年06月

『警察庁が「仮想通貨マイニングツール」に注意喚起 「法的根拠が示されていない」と批判も』

(ねとらぼ)

2018年10月

『150万円「シャンパンタワー」、キャンセルしたらホストに「100万円」請求された!』

(弁護士ドットコムニュース)

2018年12月

『ビジホでデリヘル利用 「捕まるのかな…」募る不安』

(弁護士ドットコムニュース)

2019年01月

『小室圭さんの文書は火に油。“別れぎわの金銭トラブル”を防ぐ鉄則』

(女子SPA!)

2019年03月

『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告 「最新犯罪スペシャル」』

(テレ東プラス)

2019年04月

『NTT東、「社員の個人PCに検閲ソフトを導入」SNS投稿を「事実と異なる」と否定』

(ねとらぼ)

2019年09月

『北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ? 警察が動く基準はなんなのか』

(弁護士ドットコムニュース)

2019年11月

『「ハプニングバー」店内で客同士の性行為も…どうして営業できるの?』

(弁護士ドットコムニュース)

2020年02月

『暴力団に「みかじめ料」払ったらアウト? 都内キャバクラ経営者が逮捕されたワケ』

(弁護士ドットコムニュース)

2020年04月

『ラジオライフ』

(三才ブックス)

2020年04月

『ラジオライフ』(三才ブックス 2020年4月25日)

特集『交通トラブル絶対回避』のコーナー『道路交通法Q&A』にて取材記事が掲載

2020年04月

『風俗、キャバクラは「休業補償の対象外」に批判殺到 厚労省「反社の資金洗浄に使われる」』

(弁護士ドットコムニュース)

2020年05月

『ネット上で過熱する「誹謗中傷」、法的にどう立ち向かえばよいのか? 弁護士に聞く』

(オトナンサー)

2020年06月

『渡部建さん、不倫女性に1万円渡す行為は「買春」に当たらない? 売春防止法を弁護士が解説』

(オトナンサー)

2020年09月

『マスコミによる芸能人のプライベート「隠し撮り」、法的責任は問われず?』

(オトナンサー)

2020年11月

『「動物にとっては死刑宣告」逮捕された人のペット、弁護士は世話すべきなのか?』

(弁護士ドットコムニュース)

2021年04月

『“オトナの関係”を伴うパパ活は法に触れないのか? 法律家の見解』

(NEWSポストセブン)

2021年08月

『ホストが勝手につけたツケ、別れを告げたら「全部返して」と請求された…支払い義務は?』

(弁護士ドットコムニュース)

2021年09月

『有名人はSNS誹謗中傷に続々“反撃”も…「発信者開示請求」から訴訟までの長い道のりと費用』

(日刊ゲンダイ)

2021年09月

『歌舞伎町のルール? 無許可キャバクラ営業で有罪、桜井野の花が陥った「名義借り」の罠』

(弁護士ドットコムニュース)

2021年10月

『コロナ禍で広がる新たな性的搾取「ひととき融資」にすがる女性たち』

(NEWSポストセブン)

2021年12月

『「正しいパパ活は社会貢献」と語る男性も 「パパ側の理屈」とは』

(NEWSポストセブン)

2021年12月

『近隣の「火事」が自宅に延焼、財産消失…火元の住人に賠償請求はできる?』

(オトナンサー)

2022年02月

『引っ越しで家具や家電の廃棄も…ごみ捨て場の物を勝手に持ち去る行為、罪に問われる?』

(オトナンサー)

2022年05月

『ABEMAニュースチャンネル 「日本最大級のハプバー「眠れる森の美女」の摘発』

(ABEMA)

2022年05月

『「歩きスマホ」の人をよけずにぶつかると暴行罪? 理不尽では? 弁護士に聞く』(オトナンサー 2022.05.06)

(オトナンサー)

2022年05月

『渋谷で15年、老舗ハプニングバーの摘発なぜ今? 「内偵捜査」で狙っていたか 弁護士「起訴もありえる」』

(弁護士ドットコムニュース)

2022年05月

『「着替え」「朝礼」「居残り」は労働時間? 弁護士の見解は?』

(オトナンサー)

2022年06月

『相次ぐハプバー摘発で主戦場はSNSに?過激すぎる“パーティ”に潜入』

(日刊SPA!)

2022年07月

『チャント! 「コンカフェ摘発で一体何が?「闇の城の王子」が少女らに・・・」』

(CBCテレビ)

2022年07月

『ABEMAニュースチャンネル 「読モのチェキ会 風営法に違反する?」』

(ABEMA)

2022年08月

『裏オプ黙認「秋葉原ではみんなやってた」 リフレ経営者に有罪判決…「性病にかかった」「コンドーム渡された」女性も』

(弁護士ドットコムニュース)

2022年09月

『「違法では?」という声も…マスコミによる芸能人のプライベート「隠し撮り」、法的責任は?』

(オトナンサー)

2023年01月

『男性の地下アイドル 「メン地下」その推し活大丈夫?』

(読売新聞)

2023年01月

『出張で泊まったビジネスホテルに風俗を呼んで後悔…法的な問題は?』

(弁護士ドットコムニュース)

2023年02月

『AVデータ、ネット流出で提訴へ 出演者、制作側に賠償請求』

(共同通信)

2023年02月

『「無修正動画流出」で元セクシー女優・澁谷果歩氏が提訴「損害賠償740万円」の理由』

(NEWSポストセブン)

2023年03月

『「2人の夢を叶えよう」ホストの甘い言葉に乗って借金地獄に陥る若い女性が増加中…客もホストも苦しめる“売掛”の問題点とは

(集英社オンライン)

2023年03月

『《摘発の一部始終「動くな!」》連行された女の子はガクガク震え…歌舞伎町“女優と飲める”SODランドに警察官がなだれこん

(NEWSポストセブン)

2023年03月

『AV会社運営「セクシー女優と飲める店」が摘発、背景は「業界の情報収集」? 弁護士が解説』

(弁護士ドットコムニュース)

2023年04月

『ひるおび 「メン地下に貢ぐため過度な推し活の実態」』

(TBSテレビ)

グラディアトル法律事務所へのアクセス

住所
東京都新宿区新宿1-11-5 不二越ビル2階
交通手段
東京メトロ丸ノ内線『新宿御苑前』駅 2番出口より徒歩2分

弁護士を検索する