岡本 裕明 弁護士
おかもと ひろあき

岡本 裕明弁護士

弁護士法人ダーウィン法律事務所

東京都新宿区四谷3-1-9 須賀ビル7階

対応体制
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 全国出張対応
  • 電話相談可
  • ビデオ相談可
  • LINE相談可
  • メール相談可
  • 初回相談無料
備考

初回相談は10分~15分無料で対応しております。

【英語対応可能】【四谷よりアクセス良好】四ツ谷駅徒歩10分・四谷三丁目駅徒歩3分(立川にもオフィス有)【オンライン相談可】初回相談15分まで無料

刑事事件に特化した事務所で約9年勤務経験有り。

現在の事務所を立上げたその後も刑事事件を中心に活動して参りました。
数多くの事件を担当し、多くの方々と接してきましたので、どのような事件においても、依頼者様に最も利益となる結論を導けるように、最適な弁護方針を示せると思います。

配偶者が逮捕されてしまった方、子が警察署に逮捕されたり鑑別所に送られてしまった方、自首を検討している方、冤罪を晴らして欲しいと強い気持ちをお持ちの方、不当な判決を宣告され控訴や上告を検討されている方など、多くのご相談をお受けしてきました。

英語での対応可能。

学生時代はアメリカ合衆国に居住しておりましたので、英語でのコミュニケーションも可能です。
警察署・拘置所において英語での接見も可能です。

明確なお見積もりをいたします。

弁護士費用が気になって依頼に踏み切れない方へ、私たちは明確なお見積もりをご提供しております。弁護士費用の不透明さや予算オーバーの心配も無用です。初回相談時に、明確な見積もりをお伝えし、ご納得いただいた上での依頼を受け付けております。お客様のご要望に沿った柔軟な対応や透明性を大切にし、お客様との信頼関係を築いてまいりました。弁護士費用に関する疑問や不安があれば、是非一度ご相談ください。

プロフィール

弁護士法人ダーウィン法律事務所の代表弁護士を務めております岡本裕明と申します。刑事事件・労働事件・不動産事件・家事事件を中心に,幅広く様々な分野の問題を手がけてまいりました。
 私達は、IT関連技術の急速な発展や社会の国際化の流れの中で、環境の変化への対応をお手伝いするためのリーガルサポートを提供できるように、ダーウィンの名を冠した法律事務所を設立いたしました。
その中で、私は、国際化する社会の中で、評価されるべき日本人らしさまで失われていくことを強く懸念しております。例えば、協調性は、良い意味でも悪い意味でも、日本人の国民性を示す一要素だと思います。
組織を重視して個性を潰してしまう社会を変えるべきであることは否定できませんが、「和を以て貴しとなす」の精神まで否定されるべきではないと考えますし、そのような考えのもとで行動されている方が損をすることのないように、日々努めております。

所属弁護士会
東京弁護士会
弁護士登録年
2011年

学歴

2000年09月
Briidgeview Middle School 卒業
2004年03月
東京学芸大学教育学部附属大泉校舎 卒業
2008年03月
東京都立大学法学部 卒業
2010年03月
学習院大学法科大学院 卒業

職歴

2011年 〜
弁護士登録(新64期:登録番号45189)
2011年 〜
中村国際刑事法律事務所 入所
2017年 〜
渋谷青山刑事法律事務所 入所
2019年 〜
弁護士法人ダーウィン法律事務所 入所
2022年 〜  2023年
東京弁護士会常議員
2022年 〜  2023年
日本弁護士連合会代議員
2023年 〜
学習院大学法科大学院特別招聘教授
東京弁護士会 刑事法特別対策委員会
東京弁護士会 刑事弁護研究会

対応言語

日本語、英語

取扱分野

  • 交通事故

  • 労働問題

  • 債権回収

  • 医療

  • 裁判・法的手続

  • 企業法務

弁護士法人ダーウィン法律事務所へのお問い合わせ

  • ご入力
  •  
  • ご確認
  •  
  • 完了

弁護士法人ダーウィン法律事務所にお問い合わせをする場合、下記フォームに入力のうえ、ご送信ください。内容を確認したのち、あらためてご連絡いたします。

氏名(漢字)必須
氏名(ふりがな)必須
メールアドレス必須
お住まいの都道府県必須
電話番号必須
折り返し希望の時間帯任意

電話での折り返し希望の時間帯がある場合はご入力ください。

面談の希望日時任意
第1希望
第2希望
第3希望
お問い合わせ内容必須

送信内容は、プライバシーポリシーに同意いただいたものとします。

  • 送信後、お問い合わせ内容の控えが、メールにてお客様宛に自動送信されます。
  • もし返事がない場合、お手数ですが、営業時間内にお電話をおかけください。

活動履歴

メディア掲載

2024年

「『金取れれば動画削除』容疑ユーチューバー盗撮決めつけ恐喝」(読売新聞)

2021年

会ったことのない『彼女』に復縁求めて…メッセージ大量送信の大学生が逮捕されたワケ」(弁護士ドットコムニュース)

2021年

「『子どもの喜ぶ顔が見たかった』」サザエとアワビを密漁したお父さんの罪は?」(弁護士ドットコムニュース)

2020年

「Q&A 70歳定年法開始前に企業が準備することは?」(週刊東洋経済)

2019年

「岡山県の”ゲーセン内賭博場”は合法なのか」(PRESIDENT)

2019年

コンビニワープ問題についてテレビインタビュー出演(TBS「Nスタ」)

2019年

青少年の非行について法律監修(日本テレビ「スクール革命!」)

2019年

新宿でホストが女性客に刺された事件についてコメント(Newsポストセブン)

2018年

強制わいせつ罪の処分の傾向等についてテレビインタビュー出演(日本テレビ「news every.」)

2018年

メーガン法の導入などについてテレビインタビュー出演(フジテレビ「めざましテレビ」)

2017年

「CBDオイルと大麻取締法違反の関係」(健康産業新聞)

2017年

「住居侵入罪」(教えて!gooコラム)

2017年

「大麻に関するコメント」(週刊アサヒ芸能)

2017年

「若者に大麻が復活している!」(週刊SPA)

2017年

「大麻所持事件についてのコメント」(週刊SPAインターネット版)

2017年

「永野亮のラジオ法廷―ラジオが法廷に変わる―」に刑事事件のコメンテーターとしてラジオ出演(FM西東京)

2016年

「業務上過失致死罪の成否について」(長野県読売新聞)

2016年

「覚せい剤取締法違反と保釈の関係」(週刊現代)

2016年

「大麻取締法『所持』は違法なのに『使用』は対象外」…何が違うのか?」(弁護士ドットコムNEWS)

2015年

「5 Scenarios Facing Former Toyota Executive」

(The Wall Street Journal)

2014年

「謝罪会見の注意点」(リスク対策.com)

講演・セミナー

2023年

司法通訳養成講座第9回ー法廷通訳に関する基礎知識等ー(一般社団法人 日本司法通訳士連合会)

2022年

コンプライアンス研修ーコンプライアンスとはー(社内研修)

2022年

クレプトマニア罹患者等に対する常習累犯窃盗罪の適用に関する問題(学習院大学法科大学院法務研究所)

2021年

「身柄解放の最前線(勾留・保釈)」(法曹親和会)

2021年

「相続の流れと手続」(真宗大谷派東本願寺真宗会館)

2020年

「新人・若手弁護士研修プログラム Vol.3 刑事事件」(株式会社レガシー)

2018年

「法科大学院へ行こう」(専修大学法科大学院)

著書・論文

こんなところでつまずかない! 刑事事件21のメソッド (共著・東京弁護士会 親和全期会)

こんなところでつまずかない! 交通事故事件21のメソッド (共著・東京弁護士会 親和全期会)

こんなところでつまずかない!交通事故事件の実務用語辞典 (共著・東京弁護士会 親和全期会)

東海法学63号 常習犯・累犯の加重処罰規定及び常習累犯窃盗罪に対する批判的検討(3)(共著)

東海法学62号 常習犯・累犯の加重処罰規定及び常習累犯窃盗罪に対する批判的検討(2)(共著)

東海法学61号 常習犯・累犯の加重処罰規定及び常習累犯窃盗罪に対する批判的検討(共著)

学習院法務研究 16号 デジタルプラットフォーム提供者に対する両罰規定の適用について

学習院法務研究 10号 再保釈請求の許可基準に関する理論と実務

季刊刑事弁護 77号

刑事弁護レポート 窃盗被疑事件 クレプトマニアを患った保護観察中の被疑者による再犯で不起訴処分を得た事例(現代人文社)

リスク対策.com : 危機管理とBCPの専門誌 50号

BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント(第13回)高度プロフェッショナル制度下の労務リスク(新建新聞社)

リスク対策.com : 危機管理とBCPの専門誌 49号

BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント(第12回)営業秘密漏えい対策に関する労務リスク(新建新聞社)

リスク対策.com : 危機管理とBCPの専門誌 48号

BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント(第11回)労働審判対応に関する労務リスク(新建新聞社)

リスク対策.com : 危機管理とBCPの専門誌 47号

BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント(第10回)個人情報漏えいに関わるリスク(新建新聞社)

リスク対策.com : 危機管理とBCPの専門誌 45号

BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント(第9回)従業員によるインサイダー取引リスク(新建新聞社)

リスク対策.com : 危機管理とBCPの専門誌44号

BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント(第8回)労働基準監督署対応に関する労務リスク(新建新聞社)

リスク対策.com : 危機管理とBCPの専門誌 43号

BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント(第7回)派遣労働者の受け入れに関する労務リスク(新建新聞社)

リスク対策.com : 危機管理とBCPの専門誌 42号

労務リスクマネジメント(第6回)従業員によるソーシャルメディア利用に関する労務リスク(新建新聞社)

リスク対策.com : 危機管理とBCPの専門誌41号

BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント(第5回)パワーハラスメント対応と労務リスク(新建新聞社)

リスク対策.com : 危機管理とBCPの専門誌40号

BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント(第4回)セクシュアルハラスメント対応と労務リスク(新建新聞社)

リスク対策.com : 危機管理とBCPの専門誌39号

BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント(第3回)メンタルヘルスに問題を抱える従業員対応と労務リスク(新建新聞社)

リスク対策.com : 危機管理とBCPの専門誌38号

BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント(第2回)従業員による私生活上の犯罪行為の処理における労務リスク(新建新聞社)

リスク対策.com : 危機管理とBCPの専門誌37号

BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント(第1回)新型インフルエンザ対策における労務リスク(新建新聞社)

よくある質問

岡本 裕明 弁護士の事務所への行き方が知りたいです。

弁護士法人ダーウィン法律事務所の住所は、東京都新宿区四谷3-1-9 須賀ビル7階です。

路線や最寄り駅などの交通手段は以下になります。

東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分
JR中央線・東京メトロ南北線「四ツ谷」駅 徒歩10分

岡本 裕明 弁護士の営業時間・定休日を教えてください。

岡本 裕明 弁護士の営業時間・定休日は以下になります。

【営業時間】

  • 平日 9:00〜18:00
  • 土曜 9:00〜18:00
  • 日曜 9:00〜18:00
  • 祝日 9:00〜18:00

【備考】

15時以後の問い合わせ、及び、土日祝日は翌営業日の初回相談対応となることがございます。まずは電話受付担当が相談概略確認し、担当弁護士から折り返しを行います。初回電話直通での相談は実施しておりません。

岡本 裕明 弁護士の取扱分野は?

岡本 裕明 弁護士の取扱分野は、 犯罪・刑事事件、遺産相続、不動産・建築・住まい、交通事故、労働問題、債権回収、医療、裁判・法的手続、企業法務に対応しています。

また、注力分野は犯罪・刑事事件、遺産相続、不動産・建築・住まいになります。

岡本 裕明 弁護士が所属する弁護士会はどこですか?

岡本 裕明 弁護士が所属する弁護士会は、東京弁護士会です。

東京弁護士会の所在地は、東京都千代田区霞が関1-1-3弁護士会館6階にあります。

弁護士法人ダーウィン法律事務所へのアクセス

住所
東京都新宿区四谷3-1-9 須賀ビル7階
交通手段
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分
JR中央線・東京メトロ南北線「四ツ谷」駅 徒歩10分

弁護士を検索する