知っておきたい!借金・債務整理の基礎知識

結婚・離婚

借金があった場合の結婚・離婚の疑問に関して、弁護士が解説します。

結婚前に、借金があることが相手にバレる可能性はありますか? バレずに借金を整理することはできますか?

△

結婚前に借金があることが相手にバレる可能性はほぼない。ただし、場合によってはバレることも。

詳しい解説

借金があることは信用情報を確認すれば分かることになりますが、一般の人は信用情報を確認することはできません。
したがって、結婚前に借金があることが相手にバレる可能性はほとんどありません。

もっとも、返済が滞った場合には、自宅宛てに連絡が来たり、督促状が届く可能性があり、これがきっかけで相手にバレる可能性はあります。
また、結婚前に相手にバレなかったとしても、結婚後に何らかの事情で借金がバレた場合には、相手とトラブルになる可能性が高く、最悪の場合、離婚になってしまうかもしれません。

結婚前であれば、債務整理を行ったとしても、相手にバレる可能性はほとんどありません。
借金を整理して新たな気持ちで人生をスタートさせるためにも、一度弁護士に相談してみましょう。

結婚前の借金でも、夫婦の借金になるのでしょうか?

×

結婚前の借金は、借りた人のみの借金であり、夫婦の借金にはなりません。

詳しい解説

借金は個人の責任で契約して背負うものですので、返済義務は契約した本人にしか生じません。
結婚前の借金が、結婚した途端に夫婦の借金になることはありませんので、契約者自身で返済していく必要があります。

結婚前の借金について不安を感じている場合には、債務整理による解決も視野に入れて、弁護士に相談してみましょう。

結婚後、夫に借金があったことが発覚しました。妻にも支払い義務がありますか?

△

基本的には夫が作った借金を妻が返済する必要はありません。
もっとも、借金をした理由が日常家事債務に該当する場合には、妻にも支払い義務が生じます。

詳しい解説

借金は個人の責任で契約して背負うものですので、返済義務は契約した本人にしか生じません。
妻が保証人などになっていない限り、基本的に夫が作った借金を妻が返済する義務はありません。

もっとも、借金をした理由が日常家事債務に該当する場合には、妻にも返済義務が生じます。
日常家事債務とは、家賃や光熱費、食費など、日常生活を送るうえで必要になるものを購入した際に発生する債務をいいます。このよう支出は夫婦の共同生活を営むためのものですので、これらの支払のために借金をした場合には、妻にも支払い義務が生じることになります。

借金の返済で不安なことや困ったことがあれば、一度弁護士に相談してみましょう。

生活が苦しく夫の名義で借金をしました。離婚したら、返済する必要はありますか?

△

生活費を賄うために夫の名義で借金した場合は、離婚したとしても、妻に返済義務が生じる可能性があります。

詳しい解説

生活費のように、日常生活を送るうえで必要になるものを購入した際に発生する債務を日常家事債務といいます。
借金をした理由が日常家事債務に該当する場合には、夫の名義であったとしても、妻にも返済義務が生じます。そして、返済義務は離婚したとしても変わりありません。

借金問題は離婚後にも影響してくる可能性があります。借金の返済で不安なことや困ったことがあれば、まずは弁護士に相談してみましょう。

夫が結婚前に作った借金を、代わりに返済しました。離婚したら、立て替えたお金を請求できますか?

○

結婚前の夫の借金を代わりに返済した場合、立替金を夫に請求することは可能です。

詳しい解説

夫が結婚前に借金を作っていた場合、返済義務は夫のみにあり、結婚後に妻が負担する必要はありません。
妻が立て替えて支払った場合には、立替金を夫に請求することができます。

もっとも、夫婦間の立替金については、証拠がない場合が多くあります。
後々請求する可能性を考え、立て替えて支払った場合には書面に残すなど、証拠はできる限り残しておきましょう。

離婚の際に立替金も清算したいとお考えの場合には、離婚の手続きも含めて、まずは弁護士に相談してみましょう。

元夫が自己破産しました。連帯保証人になっていたのですが、元妻の私に借金返済の請求がくるのでしょうか?

○

妻が夫の借金の連帯保証人になっている場合は、離婚後であっても妻に借金返済の請求がくることになります。

詳しい解説

妻が夫の借金の連帯保証人になっている場合、その後離婚をしたとしても当然に保証人から外れるわけではありません。
債権者が保証人から外れることについて同意してくれた場合には外れることができますが、そのような同意を得られる可能性は低いでしょう。

したがって、離婚後に元夫が自己破産した場合には、連帯保証人である元妻に借金返済の請求がくることになります。
その際、元妻に資産がない場合には、自己破産等の手段を検討する必要があります。
借金返済の請求がきてお困りの場合には、まず弁護士に相談してみましょう。

離婚の際、借金があると子どもの親権で不利になりますか?

△

基本的に、借金の有無は親権者の決定の際に重視されません。
もっとも、莫大な借金がある場合には、親権争いで不利になる可能性もあります。

詳しい解説

離婚の際、親権者を決めるにあたっては、「どちらと暮らすことが子どもにとって幸せか」という子の福祉の観点から判断されます。判断の際には、監護の実績や監護の継続性などが重視され、経済力の有無は重視されません。
したがって、借金があるということは判断材料の1つになる可能性はありますが、親権者の決定に直接的に影響するものではありません。

しかし、莫大な借金を抱えていたり、浪費癖があるなどの場合には、親権争いで不利になる可能性はあります。

借金でお困りの場合や、離婚の際に親権を得たいと考えている場合には、まずは弁護士に相談してみましょう。

他の悩みを探す