東京都の消費者被害に強い弁護士一覧

消費者被害
東京都の消費者被害を取り扱う弁護士に依頼するメリットについてご紹介します。
消費者被害の例として、マルチ商法、投資詐欺、架空請求、およびインターネットを介して出会うサイトなどがあります。
個人は事業主に比較して、交渉力や知識経験も劣るため、消費者が法律で守られているとはいえ、トラブルの際には巧妙化した消費者被害に対応できないケースが多々あります。
そのため、消費者被害に強い弁護士を味方につけて、知識と交渉力を持ってトラブルの解決のために尽力することをおすすめします。
弁護士であれば購入を取り消しできるさまざまなケースを知っており、たとえば、クーリングオフ期間が過ぎている場合であっても消費者契約法で取り消しを求めるなどの法的な解決の可能性があります。
少しでも不安がある方は、弁護士に相談してみましょう。

17名の弁護士が見つかりました(1〜17件を表示)

現在の検索条件

表示順について

  • 弁護士の表示順は、以下の条件を加味して表示されます。
  • ・検索条件に指定した分野の情報(プロフィール、料金表、解決事例)が充実しているか
  • ・プロフィール画像の有無
  • ・基本プロフィールの情報が充実しているか