市川 雅人 弁護士
いちかわ まさと

市川 雅人弁護士

ベリーベスト法律事務所 大宮オフィス

埼玉県さいたま市大宮区大門町3-42-5 太陽生命大宮ビル9階

特徴
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 電話相談可
  • ビデオ相談可
  • 初回相談無料

交通事故

損害保険会社側での弁護士経験を活かします。

市川 雅人弁護士の交通事故での強み

1. 治療中でもご相談いただけます。

交通事故の被害者であるご相談者様から、「まだ治療中なのですが、この段階で相談しても大丈夫でしょうか?」といったご質問を受けることが多くあります。

もちろん、治療中でもご相談いただくことは可能です。
むしろ、治療中からご相談いただいた方が良いケースが殆どではないでしょうか。治療中の場合、たしかに損害額(傷害慰謝料など)は確定していませんが、相手方保険会社に対する対応や、担当医との接し方など、事前にご相談すべき事柄は沢山あるように思います。

そのため、治療中の段階であったとしても、お気軽にご相談ください。

2. 後遺障害等級の申請をサポートいたします。

治療が終了したにもかかわらず症状が残っている場合、自賠責保険会社に対して、後遺障害等級の申請をすることができます。後遺障害等級が認定されるか否かによって、最終的に保険会社から支払われる金額は大きく異なります。

後遺障害等級は、「後遺障害診断書」などの書類を基に審査がなされます。「後遺障害診断書」を作成するにあたり気を付けなければならないポイントや、必須書類とはされていませんが添付した方が良い資料などがあります。

ご依頼いただきましたら、損害額についての交渉だけでなく、このような自賠責保険会社に対する後遺障害等級の申請についてもサポートさせていただきます。

3. 交通事故紛争処理センターや民事訴訟の経験も豊富です。

通常、損害額については、まずは相手方保険会社との間で直接交渉することになります。
しかしながら、交渉でどうしても折り合いがつかなかった場合、やむを得ず、交通事故紛争処理センターに申し立てたり、民事訴訟を提起したりせざるを得ない状況に陥ることがあります。いずれの手続を利用する場合も、事前に十分な準備をしておくことが肝要です。

交通事故紛争処理センターや民事訴訟の経験は数多くありますので、これらの手続を検討される際にも、お気軽にご相談ください。