会社から時短勤務を拒否された! 育児・介護休業法の規定と対処法
  • 労働問題

会社から時短勤務を拒否された! 育児・介護休業法の規定と対処法

弁護士JP編集部 弁護士JP編集部

介護や子育てのためにフルタイムで働くことができない方も少なくありません。そのような方は、フルタイムで働けないからといって離職するのではなく、時短勤務制度の利用を検討するとよいでしょう。時短勤務であれば介護や子育てと仕事を両立させることも可能といえます。もっとも、会社によっては、時短勤務の利用を拒否されることもあります。そのような場合にはどのように対処したらよいのでしょうか。

今回は、会社から時短勤務を拒否された場合の対処法などについてわかりやすく解説します。

1. 時短勤務制度は事業主の義務

時短勤務制度は、育児・介護休業法で定められている制度です。以下では、育児・介護休業法の概要と時短勤務制度について説明します。

(1)育児・介護休業法とは

育児・介護休業法とは、育児や介護を理由に仕事を辞めることなく、家庭と仕事を両立することができるように支援する法律です。

育児・介護休業法では、時短勤務制度以外にも育児休業制度や介護休業制度などさまざまな支援制度が定められていますので、育児や介護と仕事の両立によるワークライフバランスを実現することが可能です。

(2)時短勤務制度とは

時短勤務制度とは、所定労働時間を原則として6時間にすることができる制度のことをいいます。育児・介護休業法によって定められている制度ですので、一定の要件を満たす労働者から時短勤務制度の利用の申し出があった場合には、会社は、時短勤務制度の取得を必ず認めなければなりません。

2. 育児・介護休業法での規定

育児・介護休業法では、育児と介護の両面から時短勤務制度を定めています。以下では、育児と介護、それぞれでの時短勤務制度の利用条件を説明します。

(1)育児に関する時短勤務制度の利用条件

会社には、3歳未満の子どもを養育する労働者が希望すれば、1日の所定労働時間を6時間までとする時短勤務制度を設けることが義務付けられます。そして、時短勤務制度の対象となる労働者は、以下のいずれにも該当する労働者です。

  • 3歳未満の子どもを養育する労働者であること
  • 時短勤務期間に育児休業を取得していないこと
  • 日々雇用される労働者ではないこと
  • 1日の所定労働時間が6時間以下でないこと

ただし、労使協定によって以下の労働者については、適用除外とされることがあります。

  • 雇用期間が1年未満の労働者
  • 1週間の所定労働日数が2日以下の労働者
  • 業務の性質や実施体制に照らして時短勤務制度を講じることが困難だと認められる業務に従事する労働者

(2)介護に関する時短勤務制度の利用条件

会社には、要介護状態にある対象家族(配偶者、父母、子、配偶者の父母)を介護する労働者が希望すれば利用することができる以下のような時短勤務制度を導入することが義務付けられます。

  • 短時間勤務制度
  • フレックスタイム制度
  • 始業および終業時刻の繰り上げ、繰り下げ
  • 介護サービスを利用する労働者の費用負担を軽減する制度

これらの制度の対象となる労働者は、日々雇用される労働者以外のすべての労働者です。ただし、労使協定によって以下の労働者については、適用除外とされることがあります。

  • 雇用期間が1年未満の労働者
  • 1週間の所定労働日数が2日以下の労働者

3. 会社に時短勤務を拒否されたときの対処法

会社から時短勤務を拒否された場合には、以下のような対処法が考えられます。

(1)労働基準監督署

育児・介護休業法では、会社に時短勤務制度の導入を義務付けており、一定の要件を満たす労働者から時短勤務制度の利用の申し出があった場合には、それを認めなければならないとしています。

会社が法定の要件を満たす労働者からの時短勤務制度の利用申し込みを拒否した場合には、育児・介護休業法違反となります。育児・介護休業法違反には罰則が定められていませんが、違反が明らかになった場合には、労働基準監督署から是正勧告が行われますので、時短勤務を拒否された場合には労働基準監督署に相談してみるとよいでしょう。

(2)弁護士

労働基準監督署による是正勧告には、強制力がありませんので、是正勧告に応じない会社に対しては、直接労働条件の改善を求めて交渉していく必要があります。

育児や介護に追われている労働者個人では、会社に対して労働条件の改善を求める時間的・精神的余裕はありませんので、そのような交渉は、専門家である弁護士にお任せください。弁護士であれば、会社との交渉や法的手段によって、労働者の正当な権利を実現することが可能です。

弁護士JP編集部
弁護士JP編集部

法的トラブルの解決につながるオリジナル記事を、弁護士監修のもとで発信している編集部です。法律の観点から様々なジャンルのお悩みをサポートしていきます。

  • こちらに掲載されている情報は、2023年06月06日時点の情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お一人で悩まず、まずはご相談ください

まずはご相談ください

労働問題に強い弁護士に、あなたの悩みを相談してみませんか?

弁護士を探す

関連コラム

労働問題に強い弁護士

  • 上田 芙祐美 弁護士

    ベリーベスト法律事務所 八王子オフィス

    八王子市
    東京都八王子市東町9番8号 八王子東町センタービル5階
    JR「八王子駅」より徒歩5分
    京王線「京王八王子駅」より徒歩6分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 24時間予約受付
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    ※初回相談無料は、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。

     
    注力分野

    残業代請求・不当解雇の問題を中心的に数多く取り扱っております。

  • 山本 恭輔 弁護士

    福岡つむぎ法律事務所

    福岡市早良区
    福岡県福岡市早良区百道1-9-12 アーバンももちⅡ102
    • 休日相談可
    • 夜間相談可
    • 24時間予約受付
    • ビデオ相談可
     
    注力分野

    【オンライン相談可】【企業側・従業員側どちらも対応可】【藤崎駅から徒歩5分】未払残業代、解雇・懲戒、労災、セクハラ・パワハラ等、労使トラブルはお早めにご相談を

  • 上本 浩二 弁護士

    ベリーベスト法律事務所 京都オフィス

    京都市中京区
    京都府京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659 烏丸中央ビル2階
    阪急京都線「烏丸駅」・市営地下鉄「四条駅」より徒歩3分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 24時間予約受付
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    ※初回相談無料は、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。

     
    注力分野

    メーカーでの営業経験も活かし、初回法律相談の段階から「この弁護士に相談してよかった」と思っていただけるように親身にお話を聞かせていただきます

  • 藤原 和久 弁護士

    ベリーベスト法律事務所 大阪オフィス

    大阪市北区
    大阪府大阪市北区堂島1-1-5 関電不動産梅田新道ビル2階
    地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩7分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 24時間予約受付
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    ※初回相談無料は、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。

     
    注力分野

    労働問題の相談対応実績多数。あなたの利益の最大化を目指します。まずは電話・メールで状況をお聞きします。

  • 守田 英昭 弁護士

    ベリーベスト法律事務所 熊本オフィス

    熊本市中央区
    熊本県熊本市中央区新市街11-18 熊本第一生命ビルデイング4階
    熊本市電「辛島町駅」より徒歩2分
    • 当日相談可
    • 休日相談可
    • 24時間予約受付
    • 電話相談可
    • ビデオ相談可
    • 初回相談無料

    ※初回相談無料は、ご相談の内容によって一部有料となる場合がございます。

     
    注力分野

    労働問題の解決実績多数!!あなたの利益の最大化を目指します。

弁護士を検索する