債務整理 法律相談所|債務整理 相談・任意整理 相談・過払い 請求・自己破産 相談なら

自己破産の手続き

自己破産の手続きは、裁判所に申し立てから始まります。
まず自己破産者がすることは、ほとんどなく、裁判所に3回ほど出頭し、いろいろな質問に答えるだけです。
そして、自己破産手続きとして「異時廃止」と「同時廃止」の2つがあります。
一般的には、破産決定と同時に破産管財人を選任し、債務者に処分可能な財産があれば、それを債権者に公平に分配し破産手続を廃止する 異時廃止の手続が取られます。

しかし配当すべき財産がないと判断された場合、または債務者の財産を換価しても手続費用が支払えないことが明らかな場合は、破産宣告と同時に破産手続きを廃止して免責手続きへと移行します。
これを同時廃止といい、この場合には財産の換価および配当手続きが行なわれないため、破産管財人も選任されません。

自己破産の手続きは、申し立てから免責が決定するまで通常数かけ月から半年ほどかかります。

自己破産とは? 自己破産ガイド一覧

自己破産に強い!厳選司法書士事務所

自己破産に強い!厳選司法書士事務所一覧を見る

相談候補一覧


相談候補はありません

司法書士事務所をお探しの方はこちら 全国50件の司法書士事務所が掲載!!