債務整理 法律相談所|債務整理 相談・任意整理 相談・過払い 請求・自己破産 相談なら

自己破産の申し立て

自己破産をするためには、借金をどうしても返せない状態であると裁判所が判断した場合です。
借金を返せない状態とは、申立人の借金の総額や収入を考えた場合、裁判所が返済を継続することは不可能だと判断した場合です。

仮に申立人の借金の額が150万円で収入が手取りで50万円の場合だと返済可能ですので、自己破産はできません。
逆に申立人の借金の額が700万円で収入が手取りで15万円の場合だと、普通に考えると返済していくことができませんので、支払不能の状態だと判断され自己破産できることになります。

目安は、申立人の収入から最低限の生活費を引いた残りの額で、借金を3年以内に分割返済できなければ、支払い不能の状態と判断されます。平均的な収入の会社員の場合だと支払不能の状態かどうかの分岐点は借金の総額が200万円を超えるぐらいになると思われます。
ですので、自己破産の申し立て時に申立人が支払い不能の状態にない(まだ支払い能力がある)と判断されれば、自己破産の申し立ては受理されないことになります。

また、原則として債務者本人の住所地又は居所を管轄する地方裁判所に対して行うことになります。自己破産の申立は口頭でも可能となっていますが、ほとんどは書面での申立を行っているのが現状です。

自己破産で必要になる書類は下記になります。

自分で用意する書類

裁判所で入手するもの

自己破産とは? 自己破産ガイド一覧

自己破産に強い!厳選司法書士事務所

自己破産に強い!厳選司法書士事務所一覧を見る

相談候補一覧


相談候補はありません

司法書士事務所をお探しの方はこちら 全国50件の司法書士事務所が掲載!!