債務整理 法律相談所|債務整理 相談・任意整理 相談・過払い 請求・自己破産 相談なら

自己破産とは?

どうがんばっても今持っている借金を返済していけない場合に取る手続

任意整理や特定調停、個人再生といった他の債務整理手続を検討したものの、現在無職になってしまった、扶養家族が多く生活費の削減は難しい等の理由から、どうがんばっても今持っている借金を返済していけない場合に取る手続が自己破産です。つまり、自己破産は安易に選択するべきではなく、それより前に他の手続も検討しておく必要があります。

自己破産をすると、手元にある財産は全てお金に代えて、裁判所が破産財団を構成し、その中から各債権者へ配当を行っていきますが、個人の場合はこのような換価できる高価値な財産を保有していない場合が殆どのため、「同時廃止」という比較的簡便な手続で進行していきます。

自己破産することと、借金を0円にしてもらうことは別の話

支払不能の状態になれば、自己破産を申し立てることはできます。しかし、借入理由がギャンブルや収入以上の浪費、株や先物取引などは「免責不許可事由」とされ、その程度によっては免責(借金を0円にしてもらうこと)が受けられない場合があります。免責を受けられるかどうかは、各裁判所、裁判官の判断によって変わります。収入を顧みない生活を続けた後で、「単に返済するのがいやだから」と安易に自己破産を選ぶべきではないでしょう。

破産宣告を受けたとしても、その後に「支払う必要はない」と裁判所が認めてくれなければ(=免責決定を受けなければ)、借金はなくなりません。結局、破産をしても支払義務は残るという状態もありえます。自己破産の手続を行うかどうか、本当に他の債務整理の方法が取れないのか、事前に専門家に相談する必要があるでしょう。

自己破産の手続に詳しい全国選りすぐりの厳選司法書士事務所にご相談ください。

自己破産とは? 自己破産ガイド一覧

自己破産に強い!厳選司法書士事務所

自己破産に強い!厳選司法書士事務所一覧を見る

相談候補一覧


相談候補はありません

司法書士事務所をお探しの方はこちら 全国50件の司法書士事務所が掲載!!